太陽光発電で作った電気を蓄電する方法!

蓄電する方法

これまでの太陽光発電のシステムでは昼間ソーラーパネルで発電して余った電力は電力会社に売り、夜は電気料金が安くなりますから電力会社の電気を使ってというやり方でした。 それでも十分光熱費の節約になりましたし、中には売った電力の売価によって収入を得ることができた場合もあります。 しかしこれからの太陽光発電のやり方は、発電した電気をいかにためることができるかということに変わってきています。電気を蓄電することができれば、昼間発電した電気を夜使うことができますし、災害などもしもの時も電気を使用することができるのです。 もちろん太陽光発電で発電し蓄電しても電力は余ればこれまで通り売電します。 そして各メーカーも電気をためるための蓄電システムをどんどん発表しています。今まで蓄電池というのは効果でコストが見合わないところがあったのですが、これから広く普及していけば蓄電も当たり前になり値段も安くなっていくことが予想できます。

Valuable information

大型のスーツケース

http://www.suncoshop.com/

Last update:2017/1/19