太陽光発電と蓄電池の創蓄連携システム!

創蓄連携システム

太陽光発電を住宅に導入する利点は自然エネルギーの有効活用と電気代の大幅な削減が代表的ですが、単独運用の場合は停電時や災害時に発電した電力を使えるわけではない為、別の技術を併用して予め電力を蓄積しておく選択が有効となります。 その1つとしては創蓄連携システムと呼ばれるものが挙げられ、太陽光発電と蓄電池を連携運用させる事で発電した電力の一部を蓄えておき、必要な時に使えるよう準備しておく方法が用いられます。 特に緊急用の電力供給源として蓄電池は有効な手段で、運用コストは増加する一方で万が一の際にはある程度の電力供給が期待できるでしょう。 また、悪天候時など太陽光発電の発電力が不安定な時でも蓄電池を併用している創蓄連携では安定稼動を見込める利点があり、お互いの欠点を補い合う設備の組み合わせとして幅広く用いられる傾向を持っています。 よって、天候が不安定になりやすい地域では導入のメリットが大きく、おすすめの選択肢と言えるでしょう。

Favorite

東京 お墓

最終更新日:2019/1/25